東京都にある通信制高校の特徴

少し郊外に行った立川市の通信制の都立高校は、自主性を重んじています

他県に比べて東京都は、通信制高校が多い地域 / 少し郊外に行った立川市の通信制の都立高校は、自主性を重んじています / 世田谷区に本校を持つ別の高校は、e-ラーニングで学ぶことも可能

実際、卒業後に難関の4年生大学に進学した実績もあるため、すでに進路を決めて目標に向けて努力したい方は充実した学生生活を送ることができるはずです。
早稲田駅などが最寄り駅で、学生街であることも学ぶ環境として適しているといえます。
少し郊外に行った立川市の通信制の都立高校は、自主性を重んじています。
落ち着いた学習環境を提供していることが、自分のやりたいことや勉強をマイペースで行うことができるので、周囲に影響されずに学習を進めたい人に向いているといえます。
こちらの高校も4年制大学への進学実績があるので、学習面でのサポートを期待できます。
また、いじめなど学校生活を悪化させる事象に学校全体で取り組んでいるので、人間関係を重視したい人も多く通っているようです。
公立の通信制の高校は授業料が安く、自分が学びたい分野をサポートするようなシステムもあるため、人気が上がっています。
公立高校のため、国語・数学・英語の入学試験があるため、試験の面での準備が必要でしょう。
なお、公立のスクーリングは、年間土曜日を中心に24回実施されおり、学校によっては平日のスクーリングを実施しているところもあります。
東京都の私立の通信制高校は、2020年度で8校あります。
そのうち、公共放送機関により設立された高校は国立市に本校がありますが、テレビ放送でも流される学習講座やネットを使って、自分のペースで学ぶことができるのが特徴です。
また、こちらの高校では心の相談室を設け、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーが常駐し、学習面に限らず様々な相談にのっています。

通信制高校 東京都 : 東京都目黒区にキャンパスがある通信制高校...-通信制高校ナビ