東京都にある通信制高校の特徴

世田谷区に本校を持つ別の高校は、e-ラーニングで学ぶことも可能

他県に比べて東京都は、通信制高校が多い地域 / 少し郊外に行った立川市の通信制の都立高校は、自主性を重んじています / 世田谷区に本校を持つ別の高校は、e-ラーニングで学ぶことも可能

また、転入や編入が比較的自由にできるため、中学時代に不登校だった人や、他の高校で学びや人間関係で躓いてしまった人などが通うようになっています。
世田谷区に本校を持つ別の高校は、通学型や週に数日通学するコースも設け、e-ラーニングで学ぶことも可能です。
将来の職業を考えた様々なコースが設けられているので、実践的な内容に重きを置いて学ぶこともできます。
体験型の授業や文化祭やスポーツ大会などの学校行事も多く盛り込まれているので、通信制でありながら人とのつながりを大切にする取り組みもなされているといえます。
荒川区にある私立の高校は、目的意識別に学習内容が選べることが特徴です。
進学を目指す人向け、スポーツや芸能分野でプロを目指す人向け、基本的な学習内容を重視したい人向けのコースがありますが、国内外で行われる語学研修などのイベントも開催されており、生活や学習面での心配事があれば臨床心理士や公認心理士資格を持つカウンセラーに相談することもできるようになっています。
全日制と同様の面倒見の良さが特徴なのが、目黒区に学習拠点を置く通信制高校です。
クラス担任制を設けて、学習の進捗状況などをこまめに把握し、確実に単位を取れるように気を配っています。
特にスクーリングでは、欠席時の振替が容易にできるようになっているので、仕事をしながら学んでいる人に好評です。
進路指導も熱心で、特に就職希望者には小論文や面接試験の練習をサポートしています。
このほかにも、東京都に本校はないものの、サテライト施設を持つ通信制高校や、大手学習塾などが設立したサポート校なども多くあります。
いずれの学校も、たくさんの生徒を受け入れ、効率的な学びを提供してきた経験を活かし、多様性を重視しているのが特徴です。